So-net無料ブログ作成
検索選択

DELL ALIENWEAR Aurora [MONO]

何年ぶりでしょ…

10年ぶりくらいでしょうか…
じたくPCを買い換えたのは

今まで、メインPCを、NEC→SONYときて、会社も自宅もDELLとなりました
厳密には、ALIENWEARかな

ディスプレイは、今回オーダーしなかったのですが、
箱が異常にでかいです!

早速箱を開けると
キーボードとマウスのパッケージ
DSCN2175.jpg
箱の柄にも凝ってますね

そして、本体のパッケージがこちら
DSCN2178.jpg

中から出てきたのが
何だか、でかいな…
よくある話ですが、展示品、見たんだけど部屋で見ると、でかいです
DSCN2179.jpg

DSCN2180.jpg
何だか、ダンゴムシのような…

今まで使っていた、ミドルタワーのVAIOと比較すると
全ての箱寸法がでかいです
テーブルからはみ出ます
DSCN2186.jpg

中身は、こんな感じ
水冷です
DSCN2188.jpg 

CPU:インテルR Core i7-3960X プロセッサー
    (6コア、エクストリーム・エディション、15MB キャッシュ、オーバークロック4.00GHz)
メモリ:16GB (4GBx4) DDR3 1600MHz
グラフィック:AMD Radeon HD 7870 2GB GDDR5 ×2枚(CrossFire)
ハードディスク:256GB SATA SSD
etc… 
 
ってなかんじでです
立ち上がりの速度は、結構早いです
残念なのは、AUTOCADがインストール出来ないこと…
64bit対応のCADソフトないかな 

 


capreo ハブのチューニング [MONO]

先日まで、ダラダラと作業をしておりましたcapreoのリアハブ

バラバラにしていたものを組み上げます
2012_03_24_21_59_44.jpg

レース研磨をした状態
2012_03_24_21_43_38.jpg

2012_03_24_21_43_54.jpg

2012_03_24_21_43_11.jpg

一通り、洗浄して組み上げます
2012_03_24_22_13_14.jpg
もち、セラ玉をインストです

このボディ部、画像一枚で上げてますが、実はココに非常に時間がかかりました
中の洗浄と再グリスアップをどうしようか…
レースをばらすと、アタリを取り直さないといけないし…

…結局のところ
そのまま、脱脂(ドブ~ンとつけ込み、シャカシャカとシェイク)

  その後、グリス注入ジグを作り、うにゅ~っと!

見事充填出来ました

このフリーの構造…回転することで、グリスが中に入っていく様な構造なんですね…
巻き込んでいくってのが、適切な表現でしょうか

でもって、

組み上げ完了~♪
2012_03_24_22_34_20.jpg 

…なんですが

合うのか?

この寸法で…(‥ )ン?

不安を抱きつつ…(続く)  


DRO製作 [MONO]


チマチマと、ようやくここまできました

各軸用の回路確認が出来たので、次は、筐体の加工と、デジスケのパッケージングです

…が、パッケージングが結構大変になりそうです


センサーユニットの分離作業(パートⅡ) [MONO]

師匠より依頼を受けた、センサー分離作業

今回も、ケイデンスとスピードのセンサーをカニの足をもぎる様に…

なんて、事はせず、やさ~しく、やさ~しく分離します

で、もってここで完成~とか考えていたのですが…

2011_08_02_22_09_36.jpg

2011_08_03_22_20_10.jpg
どうも、スピードセンサーの配線取り出し部が気に入らない!

って、ことで、純正っぽく?
切った貼ったの配線埋め込み作業をして、エポパテにて成型
2011_08_19_15_25_46.jpg

その後、タッチペイントにて塗り完成
明日、持っていきます♪


依頼製作(輪コロ) [MONO]

こんな材料が届きました
2011_08_09_20_43_39.jpg
C材と角パイプ材です

…で、この素材から何が出来るのかと言うと…

C材は、
DSCN1623.jpg

DSCN1622.jpg
こんな形になって

角パイプは、
DSCN1610.jpg
こんな形になります
って、変わってませんね(^▽^;)

更に、作業を進ませ
DSCN1611.jpg
こんな状況に

寄った画像が、コチラ
DSCN1612.jpg

角パイプの両端に、印ろうで補強用の角材を埋め込んであります
DSCN1609.jpg

その補強材を固定するため、六角穴付きボルトで固定した画像です
DSCN1613.jpg

c材はと言うと、更に、各パーツを組み合わせて
2011_08_14_16_24_55.jpg

余分な箇所を、スッキリと削り落とします
DSCN1601.jpg

で、出来上がったのが、コレ
DSCN1614.jpg

上方から
DSCN1615.jpg

側上方向から
DSCN1617.jpg

前方から
DSCN1618.jpg

上方から
DSCN1619.jpg

取り外しの出来る、車軸の付くパーツを差込と
こんな感じです
DSCN1620.jpg

精度は、キッチリと仕上げました♪

取り付け…、ご自分で出来るかしら?
…ってか、完成品ではないので、車軸部の製作がどのようになるのかがちょっと心配
直接的な打撃振動や、メタルベアリング的構造にならないと良いのですが…

後ほど、手渡し? 基地に一時預け?発送?いたします  .....(((*'ー'*)ノ~


【続】GARMIN ケイデンス/スピードセンサー(GSC10)の分離 part_2 [MONO]

本日は、前回に引き続き、センサー分離化にともなう、キャップを製作します

まずは、材料切り出しですが…

本来ですと、バンドソーであっという間に…なんですが、
アフター作業なので、ご近所迷惑にならぬ様、騒音防止対策で
ピラニアで引きます(;^_^A アセアセ・・・
DSCN1577.jpg
ワークを二カケ切り出して…

切断面の切削
DSCN1578のコピー.jpg

そして、Φ3の穿孔とΦ10の座ぐり
DSCN1579.jpg
銅線の通る部分に横穴を開けます

シーリング用に、エプトシーラをを座ぐり部に埋めて装着します
DSCN1580.jpg

DSCN1581.jpg
スピードセンサーとケイデンスセンサーのキャップ完成です

取り付け状況は、こんな感じです
DSCN1584.jpg
後は、スピードセンサーの導線の出口部を固定処置をしたら完成となります


GARMIN ケイデンス/スピードセンサー(GSC10)の分離 part_2 [MONO]

先日注文した、GARMINのセンサーユニット

例によって、小径車用に使用するため分離します

まずは、それぞれのセンサーを分離するため、ナベビスを外します
DSCN1569のコピー.jpg

外すと
センサーからの信号を送る被服銅線が二本出てきます

おおよそ、7mm程度でしょうか
DSCN1570のコピー.jpg

その線を、カット!
DSCN1571のコピー.jpg

で、カットした線に、少々太めの線をハンダ付けします
DSCN1572のコピー.jpg

絶縁処理のため、ビニールテープを巻きます
DSCN1573のコピー.jpg

更に、二本の線を束ねて、熱伸縮チュ-ブで保護
コレで、ケイデンス側の延長処理は、ひとまず終了
DSCN1574のコピー.jpg

次は、スピードセンサー側の延長処理をします
線は、センサーアーム部より、リーマー等で穴を開け、そこから二本の銅線を引き出します

延長銅線をハンダ付け
DSCN1575のコピー.jpg

ケイデンスセンサー側と同じように、ビニールテープで一次被服をした後に
熱伸縮チューブにて、二次被服をします
DSCN1576のコピー.jpg

後は、それぞれのアルミキャップを切削して造ります

…が、本日は、ここにて終了~


TIMEの前足 [MONO]

2011_06_16_11_14_10.jpg

おっ!何故かこんなところに、こんなのがあるゾ!

どうしようかな…
(*'へ'*) ンー♪

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

IDIOMのハンドルポストとフォーク [MONO]

昨日、念願叶い、落とせました♪
2011_06_13_21_40_48.jpg
前オーナーの方は、使用されなかった様で、非常に美品です
企んでいるのは、ポストの部分で、BD-1へ移植しようと思ってます
…ソレには、師匠のお力を頂かないと出来ないのですがね(^▽^;)
フォークは、しばしお蔵入りです…
この色だと、お一方、存じ上げます
思いっきりフォークを曲げた際は、ご一報お待ち申し上げております
(o*。_。)oペコッ

nice!(1)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

取り敢えず、押さえました! [MONO]

土壇場で、リアゲット!


75876369470401964542520161-1[1].jpg
オコヂョさんも、リア用を付けていたので、多分リアアーチでしょ!

フロント、無駄…?
でも、角度を変更して、CADれば、大丈夫か…

まずはさておき…C=(^◇^ ; ホッ!


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。