So-net無料ブログ作成
検索選択
BSMイジリ ブログトップ
前の10件 | -

通チャリ イジリ(スレッド・カット) [BSMイジリ]

以前から、いつか何とかしないと…
と思いつつ、夏休みに入ってしまった今日この頃…

なんのことかと申せば、通チャリのスレッドの事なのですが…
下に落としても、どっついちゃってこれ以上下がらない状況であったわけでして…

斯くなるうえは、やはり切るしかない訳でして
2011_08_11_15_20_56.jpg
丁度良いところで、カットしました

2011_08_11_15_45_40.jpg
据え付けて、こんな感じ

で、早速、お買い物♪
2011_08_11_16_24_25.jpg

お品は…、コチラ
2011_08_11_16_25_05.jpg 美味かったっす!(^-人-^)

NASKA LUB [BSMイジリ]

連日の雨天走行のため、駆動部を含めて、ジャリジャリとなっていたため洗車をしました
脱脂後に、フィニッシュラインを塗布するところですが、
以前に仕入れたNASKA LUBを塗布してみることにしました
2011_07_10_08_31_37.jpg

べとつきが無く、サラリとした感じですが、メタルタッチ音も減音されていることからかなり効いている感じがします
後は、耐久力ですが、どの程度持ってくれるのか楽しみです

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

BSモールトンのサス交換 [BSMイジリ]

今月の初めに注文していたBSMの前後のサスが届きましたので、早速取り付けることにしました

ホントは、某ブロガーさんのように、ヌルン~としたサスでマタ~リといきたかったのですが…
何分、リアサスは、沈み量が大きかったため、
余りにもFDの位置を上げすぎになって、格好悪いと感じたため
致し方なく…ってのが、事実です…(。-_-。)ポッ
DSCN1484.jpg

フロントは、こんなのでハードになるのか?の疑問をはっきりさせるため
お試しでつけてみます
DSCN1485.jpg


まずは、リアサスからの交換です
DSCN1486.jpg

ソケットボルトを外します
DSCN1487.jpg

DSCN1488.jpg
左がハード、右がノーマル

触った感じ、叩いた感じでは違いがわかりません

ネジ部にロックタイトを塗布
DSCN1492.jpg

ギャップを46mmにセットして完成です
DSCN1495.jpg

お次は、フロント・サス・ハードキットの交換(追加)です
DSCN1498.jpg
マットガードの止めボルトを外し、カラー、ストッパーを外します

中から出てきたFさす
DSCN1499.jpg
まるで、マンシェットチューブのようです(って、いっても判る人いないか(^▽^;))

既設の筒状のクッションにハードサスキットのクッションを挿入します

異音防止のため、シリコングリスを塗布します
DSCN1500.jpg

組み付けて、テスト走行…

かなりいい感じ

でも、ヌルンでは、無くなりました…
フロントだけでも、マッタリなヌルン~にしようかな…(*'へ'*) ンー


次期通チャリカスタム化計画 [BSMイジリ]

ミニベロで通チャリ導入計画も実行、完了いたしました

FDも暗技研的…とか、色々考えたのですが…

流石、純正パーツ
結局、自作を考えていくとこんな形になってしまうわけで…
あえての自作はイイか!ってなことになりまして

ショップより購入した純正パーツを取り付けました
DSCN1422.jpg
やっぱ、ボディとのマッチングを考えたデザインになっていて馴染みます

ほらね!
DSCN1423.jpg
マッチングしすぎて、ピッタリくっついているでしょ!!
なんだかな~

もっと語れば、純正品なのに、組めないサイズのボルトが入ってたし…
モールトンもいい加減なのかな?(そんな事はないと信じたい…(_ _。))

愚痴っていても先には進みません…
業界、こんなのだらけなので、

「プラモのバリ取りや、スリ合わせをしながら、組み立てるおもしろさを創ってくれているんだ」

        と考え、楽しみながら組み上げていきます♪



そもそも、このRが出過ぎなのです…
寒波にあわせてあるのか?
DSCN1424.jpg

起点は、どうでもよいので外外の寸法を実測
DSCN1425.jpg
コレに、一端取り外し、Rを壊さない様に、バイスでプレス

こんな感じに仕上がりました
DSCN1426.jpg

わかりにくいけど、

側面からの状態
DSCN1427.jpg

FDとの干渉部分も、2mmほどのクリアランスが出来ました
DSCN1428.jpg

BMSのFDW化編は、こんな感じで…

 



それにしても…
残すところの横引キャリパーがまだ来ません…
DSCN1429.jpg

早く来ないかな~

 

DSCN1430.jpg
ホントは、手前に写っているジョイントカップ…
加茂屋さんの初期型は、がっちり固定タイプ(画像を見ると)だったのですが、現行モデルはジョイントカップ形式に変更されています
仕様変更は、脱着に手間がかかるとの事だけなのでしょうか…

私も、当初、コの字型のパーツに変更しようと思ったのですが…
一抹の不安があって、見合わせています…
ココが、最大の欠点なのだよ…この付け根が…
メーカーがオフセットを付けない理由もココに有る様な…

私は、スイングアームのストラクチャルさが大好きで…
  そこにこだわりがあるので、カーボンフォークにも浮気せず…

    ここはどうしても克服したいところでもあります

クランプ式やめて、チューブ式に変更して欲しいんだよね…ハイコさん!!

師匠の手をお借りして、造っちゃうか! (pェ・q)チラリンコ♪


(´^`;)ンー [BSMイジリ]

当初、計画していた形状の仮組みした状態
NEC_0465.JPG

ブルホーンに、ふつ~に、STIを組み付けると、こんな感じになります
特に、ブルホーンをSTIで引きたいという素直な気持ちから取り付けるとこうなります
この組み付けには、このTNIのブルホーン形状では幾多のハードルがあります
そんな訳で、いままでワイヤープーリー・ブラケットを削っていたのですが…

いざ、組み付けの段にきて、ここまで苦労したわりには、快適度はどうなんだろう?
…って考えた時、
やっぱ、当初の逆さ付け?
迷いが出て、再び仮組みしてみました

NEC_0466.jpg
ワイヤーの引き込み角度的に、こちらの方がさっぱりしていている感じです
ポジション的にも変わりがないし…
ワイヤープーリーブラケット、作りかけですが、違う形状のブルホーンの時まで寝かせるとしましょう…
nice!(2)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

ワイヤープーリー・ブラケット製作 [BSMイジリ]

現在、BSモールトンに装着しようと思っているブルホーンのカスタムパーツを製作しています

ブルホーン用STI対応パーツと言ったところです

このパーツで、レバーの引き力が、スカスカって感じを想定しているのですが…


NEC_0461.jpg

もう少し穴開けて、プリーシャフトを切り落とし…っな感じです(^^)v


nice!(2)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

BSMパーツ [BSMイジリ]

NEC_0452.jpg
こんなん頼んでみました
純正パーツと比較すると、かなりお安いです
構造的に問題ないので、色付けて使ってみようかと思ってます
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

暗技研的… [BSMイジリ]

やっぱ、ブルホーンの逆さ着けじゃ、おもしろくないかな
ってことで、st-5700対応の仕様にしようと…

こんなん、バラしてみるところから始まりました…
DSCN1377.jpg

仮組 [BSMイジリ]

MSMのハンドルを借り組みしてみました
今回は、ブルホーンでいこうと仮組みをしてみましたが…

NEC_0445.JPG
こっちの方が、ケーブルの取り廻しもスッキリなんですけどねぇ…

NEC_0444.JPG
…こんな感じで

NEC_0447.JPG

NEC_0446.JPG

でもねぇ…
暗技研的じゃないですよねぇ~?


表か裏か…迷います(*'へ'*) ンー [BSMイジリ]

TNIブルホーン(380mm)オーバーサイズ
NEC_0440.JPG

折角なので、この穴を利用したいのですが…
NEC_0441.JPG
ブルホーンのSTI仕様となると
”ンーホルブ”が、ワイヤー的にもやさしい感じです(^▽^;)


前の10件 | - BSMイジリ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。